横山美術館

2017年に開館した名古屋市東区にある美術館です。館内は写真撮影OKです📷 明治・大正時代に制作され海外へ輸出されていた、豪華で華やかな陶磁器を数多く展示しています。noteでは輸出陶磁器の魅力を発信に努めます!

「幻の陶磁器」とよばれたコラレン

カラフルなグラデーションに、何やらキラキラ光っているトップの写真。 これらはコラレンといい、製作期間が短かったことなどから「幻の陶磁器」とも呼ばれています。 こ…

Twitterで最もいいねをもらったやきもの ―ざらざらした釉薬・石目焼―

当館のTwitterで過去最も「いいね」をいただいたツイートは、2020年10月8日に石目焼(いしめやき)について投稿したものでした。 普段は2ケタいったらいい方なのですが、…

横山美術館の図録の話―2020年〜2021年刊行分―

こんにちは、横山美術館です。 本記事では、2020~21年に当館が刊行した図録4冊についてご紹介します。 ※本記事で紹介するものも含め、当館刊行の図録はすべて上記サイ…

横山美術館の図録の話―2019年刊行分―

こんにちは、横山美術館です。 本記事では、2019年に当館が刊行した図録3冊についてご紹介します。 目次から興味のある箇所へ飛べますので、ご活用ください。 ※本記事で…

横山美術館の図録の話―2017年〜2018年刊行分―

こんにちは、横山美術館です。 当館は2017年の開館以来、現在(2021年5月)に至るまで、11冊の図録を刊行いたしました。 noteでも刊行した年ごとに3回に分けて図録を紹介…

キラキラ光る金盛―オールドノリタケの花瓶を見る―

こんにちは、横山美術館です。 初回の記事で、横山美術館の最初のコレクションである、オールドノリタケの花瓶について触れました。今回はそれに関連して、オールドノリタ…