横山美術館

2017年に開館した名古屋市東区にある美術館です。明治・大正時代に制作され海外へ輸出されていた、豪華で華やかな陶磁器を数多く展示しています。
  • 横山美術館100選

    横山美術館100選

    名古屋はかつて、海外へ輸出される陶磁器生産の一大拠点でした。特に現在の名古屋市東区には、産地である瀬戸などに近いという好立地から、多くの陶磁器工場が立ち並んでいました。各産地から運び込まれた陶磁器に絵付けを施す、上絵付作業が発達する中で、“名古屋絵付” と呼ばれる豪華で華やかな作風は、海外でも人気を博しました。公益財団法人横山美術館は、明治・大正時代に制作された輸出陶磁器の“里帰り品” を中心に展示しています。名古屋周辺で制作された輸出陶磁器をはじめ、日本初の洋風陶磁器であるオールドノリタケや、まとまった作品群を目にする機会の少ない隅田焼のほか、有田焼、京焼、瀬戸焼、九谷焼、萬古焼など、息をのむほど緻密で大胆な作品の数々を、ぜひご覧ください。本書では、3000点余りの所蔵品から厳選した100点を収録しました。美術館紹介、銘一覧も掲載しています。*A4変形、72ページ*2017年刊行
    ¥800
    横山美術館
  • 横山美術館300選

    横山美術館300選

    名古屋はかつて、海外へ輸出される陶磁器生産の一大拠点でした。特に現在の名古屋市東区には、産地である瀬戸などに近いという好立地から、多くの陶磁器工場が立ち並んでいました。各産地から運び込まれた陶磁器に絵付けを施す、上絵付作業が発達する中で、“名古屋絵付” と呼ばれる豪華で華やかな作風は、海外でも人気を博しました。公益財団法人横山美術館は、明治・大正時代に制作された輸出陶磁器の“里帰り品” を中心に展示しています。名古屋周辺で制作された輸出陶磁器をはじめ、日本初の洋風陶磁器であるオールドノリタケや、まとまった作品群を目にする機会の少ない隅田焼のほか、有田焼、京焼、瀬戸焼、九谷焼、萬古焼など、息をのむほど緻密で大胆な作品の数々を、ぜひご覧ください。本書では、3000点余りの所蔵品から厳選した300点を収録しました。美術館紹介、銘一覧も掲載しています。*A4変形、144ページ*2017年刊行
    ¥2,400
    横山美術館
  • 愛された セト・ノベルティ展

    愛された セト・ノベルティ展

    セト・ノベルティは、100年以上に渡って制作が続けられ、輸出陶磁器の花形として多くの作品が海外に渡りました。輸出された作品には、日本の職人の技が発揮された素晴らしい工芸美術品といえる作品が多くあります。米国の著名な画家であるノーマン・ロックウェルの作品をもとに制作されたノベルティを一堂に紹介するとともに、大型の人形、鷲などセト・ノベルティの秀逸な作品の数々もご紹介。当時の職人たちの卓越した技巧と、大小様々な作品が織りなす世界をご堪能ください。*A4変形、55ページ*2018年刊行
    ¥1,200
    横山美術館
  • もっとみる
固定された記事

横山美術館、noteはじめます

こんにちは、横山美術館と申します。 このたびnoteを運用することになりました。これが記念すべき(?)最初の記事となります! 「横山美術館って何?」「どういうものを展…

キラキラ光る金盛―オールドノリタケの花瓶を見る―

こんにちは、横山美術館です。 初回の記事で、横山美術館の最初のコレクションである、オールドノリタケの花瓶について触れました。今回はそれに関連して、オールドノリタ…

子どもがいるやきもの

こんにちは、横山美術館です。 本日(※投稿当時)5月5日は、こどもの日🎏なので、子どもが表された作品を紹介し、それに関連した話を書きたいと思います。 石黒香々(い…